とうつきの本棚

本に纏わることの記録。

『待つ(乙女の本棚)』太宰治、今井キラ

太宰治の掌編『待つ』に、イラストレーターの今井キラさんが描き下ろしたイラストを添えた文学絵本。 駅前のベンチで何かを待っている女の独白。自分でも何を待っているのか分からずに、それでも毎日ベンチで待ち続ける心境を淡々と語っている。終始ぼんやり…

『その扉をたたく音』瀬尾まいこ

音楽で生きたいと思いつつ、なんの展望もなく実家からの仕送りで暮らす29歳無職・宮地。レクリエーションとしてギターを弾きに訪れた老人ホームで、介護士・渡部の吹くサックスに心を打たれる。彼を音楽の道に誘おうと老人ホームを再訪する中で、利用者たち…

『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下奈都

結婚式直前に婚約破棄されてしまった明日羽(あすは)は、自由人な叔母・ロッカさんの勧めでドリフターズリスト(やりたいことリスト)を作る。きれいになる、鍋、お神輿、玉の輿――。自分を見つめ直し、本当にやりたいことを探す物語。 数年ぶりに再読。作中…

『世界一わかりやすい! インボイス』永井圭介

税理士YouTuberによる、読みやすくてわかりやすいインボイス制度の解説書。 「インボイスってあれでしょ、フリーランスの人とかが”消費税を払わなきゃいけないから大変”って一時期騒いでたやつでしょ」くらいの認識の人でも、制度の概略を理解できるようにな…

『茨姫はたたかう』近藤史恵

一人暮らしを始めた書店員・久住梨花子は、引っ越し早々自宅のポストを荒らされる。日に日に色濃くなるストーカーの影、気の合わない隣人、職場でのトラブル――。臆病な優等生だった梨花子が自分の生き方と向き合う、整体師・合田力シリーズ第二作。 前作『カ…

『カナリヤは眠れない』近藤史恵

買い物依存症で多額の借金を抱えた過去のある墨田茜は、新婚の夫から渡されたクレジットカードカードで買い物を繰り返してしまう。身体の重さや不眠で訪れた合田接骨院で、その不調は周りに歪まされているからだと言われるが――。 買い物依存症の描写がとんで…

『お探し物は図書室まで』青山美智子

小さな図書室の司書・小町さんは、利用者の探す本をレファレンスする際、全く異なる分野の本を1冊つけ加える。羊毛フェルトの付録と共に示されたその本は、利用者の悩みや迷いに寄り添い優しく背中を押す。心温まる連作短編集。 主人公は図書室の利用者5人だ…